渋谷防災キャラバン

レポート

渋谷防災キャラバン3.11特別企画
被災地の声を聞こう

東日本大震災から11年前。当時、高校生だった佐藤さんはなぜ語り部になったのか、いまなにを思うのか

ビジネスでもレジャーでも、多くの人が集う渋谷。しかし、人が多いがゆえ、災害時の課題が多いのも事実です。「渋谷」と言っても、再開発が進む渋谷駅周辺もあれば、緑豊かな公園も、昔からの生活が残る住宅地もあります。それぞれのエリアで防災のポイントは違うのです。

今回は3月11日に放送した「渋谷防災キャラバン 被災地の声を聞こう」のレポートをお送りします。いまから11年前、2011年3月11日に発生し今回は3月11日に放送した「渋谷防災キャラバン 被災地の声を聞こう」のレポートをお送りします。いまから11年前、2011年3月11日に発生した東日本大震災。あの日、渋谷にいた人もその強烈な体験を今なお覚えているのではないでしょうか。何度も来る余震と、大量の帰宅困難者。マスメディアやSNSを通じて流れてくる東北のあまりにも悲惨な光景。あの出来事から、私たちが学ぶべきことは何でしょう。

今回オンラインで出演いただいたゲストは、東日本大震災時、宮城県の南三陸町で高校2年生だった佐藤慶治さんです。また、聞き手は、笹塚中学校の生徒会役員をつとめる生徒のみなさんと先生方。佐藤さんがどんな体験をし、どんな思いを持ち、どうやって未来を切り開いてきたのか、じっくりと伺いました。

木を倒しながら押しせ寄せくる黒い“何か”

佐藤さんが住んでいた南三陸町は、宮城県の三陸海岸の南に位置する町。佐藤さんはあの日、山奥にある合宿所にて、学習プログラムに参加していたそうです。

「今まで経験したことないほどの大きな揺れ。運動部の自分と友達が懸命に机の脚を抑えても、机がまったく言うことを聞かないんです。横にずらされ、突き上げられ、自分が跳ねているのか、机が跳ねているのかわからなくなっていました」

合宿所は津波の被害を免れましたが、合宿所があった山の木々は津波に飲み込まれていました。

「森の木をバキバキと倒しながら、黒い“何か”が押し寄せてくる。津波として認識できるようなものではなかったです」

合宿所はすぐに、周辺に住む多くの人の避難所になりました。5日間に渡り、佐藤さんや他の生徒さん、先生方は避難してくる人々の対応に追われました。佐藤さんが家族全員と安否が確認できたのは、震災から4日後の15日夜、再会できたのは17日でした。

自宅は津波に流されてしまい、その後しばらくは避難所で生活することに。そこでも避難所運営にボランティアとして関わっていたと言います。

「世界中から届く支援物資の仕分けや配布などがありとても忙しい状態ながらも、心は『受験はどうなるのだろう?』『部活の試合は?』『安否がわかっていない友達はどこ?』『自分の家はどうなる?』など、たくさんの不安を抱えていました。不安が大きすぎて処理しきれないからこそ、現実から目を背けるように、忙しく動き回っていました」

佐藤さんと街をつなげたできごとでもあった

生徒から「今なお印象に残っていることは?」と聞かれると「家がなくなっていたこと」との答えが返ってきました。

震災から9日後、海の近くにあった家を見に行くと、瓦礫すらも残っていないほど跡形もなく流されていた。悲しいけど、泣けない。地震以前を思い出そうにも、写真もすべて流されている。自分が住んでいた家の痕跡を、残すことができなかったという事実が、心に深く残っていると佐藤さんは言います。

どうにもならないたくさんの現実。この震災は、佐藤さんにとってどんな意味があったのか。そう問われると「これからも変わり続けると思う」と前置きをしながら、こう答えてくれました。

「自分の住む街に向き合うきっかけになりました。この街にどんな思い入れがあるか、なぜこの街が好きなのか。どうやって生きていきたいか、それを思い起こさせてくれるんです」

佐藤さんは震災の語り部としての活動を、2012年から続けています。きっかけは、仙台の大学に進学したことでした。

大学で自己紹介をすると、同級生からさまざまな質問を受けます。大きな被害を受けることがなかった同級生たちは、佐藤さんの経験を知りたかったのです。佐藤さんは、同級生らを連れて被災地に向かうようになります。ときにはバスをチャーターして大勢を連れて。

「もちろん忘れたいようなできことだけど、これを語ることで誰かの役に立てるなら」

そんな思いから、語り部の活動を続けているのだと言います。

今この瞬間の大切は何にも代えがたい

「『今後30年以内にM7クラスの首都直下型地震が70%の確率で発生する』と言われています。私たちが東日本大震災の経験から学べることはなんでしょうか。」そう尋ねる生徒に対して、佐藤さんも当時を振り返ります。

「私たちも『30年以内に99%の確率で宮城県沖地震が起きる』と言われて育ちました。しかし、当時の自分が思っていたのは『30年以内ならまだ大丈夫』ということ。でも、30年以内とは、明日のことかもしれない。数字はあくまでも確率ですから」

だから、毎日を大切に過ごすことが大事なのではないか。例えば、誰と会ったか、どこにいったかがわかる写真を撮っておく。「あのとき、こうすればよかった」と後悔しないように行動する。その上で、防災の備えをしておく。

「防災のことを頭に片隅に起きながらも、かけがえのない今のこの瞬間を、目一杯楽しんでください」

佐藤さんは、そんな優しい言葉もかけてくれました。

一年間に渡り、オンラインでさまざまな情報を発信してきた「渋谷防災キャラバン」ですが、今年度に発信するプログラムは、今回が最後です。

何かが起きた後ではなく、何かが起きる前にできることがあるはず。あなたにとってのヒントと、あしたへつながるアクションの種となって何かが起きた後ではなく、何かが起きる前にできることがあるはず。この渋谷防災キャラバンが、あなたにとってのヒントと、あしたへつながるアクションの種となっていただけたら嬉しいです。

災害はいつ起きるかわかりません。
日頃から少しずつ防災を意識し、災害に備えましょう。